2015年11月23日

シンクロ×シンクロ どして?の巻。


スピリチュアルなことに興味があるかたは
よく聞くし意識していると思う「シンクロ」について。
今日ふと思ったことと思い出したことがあり書いてみます。

::::::::::
シンクロニシティ(シンクロ)とは?
何らかの一致する出来事(何か意味やイメージにおいて類似性を備えた出来事群)が、離れた場所で、ほぼ同時期に起きることがある。だが、複数の事象が、従来の「因果性」の説明方法ではうまく説明できない場合がある。そうした、同時期に離れた場所で起きる、一致する出来事を説明するためのある種の原理、作用として提示されたのがシンクロニシティである。

また、スピリチュアルやニューエイジの界隈において、何かのサインや呼び寄せた偶然など所謂虫の知らせに近い用法で使われることもある。
<ウィキペディアより引用>
::::::::::

ニューエイジ界隈(笑)
これ読んでも何のこっちゃ!とわたしはちょっとわかりにくいんですが、
経験上、離れた場所というよりも、別の次元で(または未来で)起きていることと、
シンクロしているという気がします。

今日思い出した初めて自覚した大きなシンクロ体験は、ある「カード」について。

中学生の頃に、同じクラスの友達と遊びに行く電車内で、
ソフトキャラメルをひとつもらいました。
その箱の中にはオマケでイラストが描かれた小さなカードが入っていました。
それも彼女は「これ好きな感じだから」と、わたしにくれました。
イラストは緑色の顔があるポットが夜空に浮かびお茶を注いでいる、
というちょっとメルヘンだけどユニークな絵で裏側には「どして?」とだけ書かれていました。
その日から何気なくお財布に入れて持ち歩いていました。

でも・・・。
それから20年以上、そうやって持ち歩くことになるとは考えていませんでした。
もちろんお財布は何度も新調したし、
そのたびにそのカードも何度か実際にゴミ箱に捨てたりもしたのですが、
どうしてだかどうしても気になってしまい、結局、あたらしいお財布に戻したのです。

高校生になり、大好きになったミュージシャンがいました。
周りのみんなが流行りのビジュアル系に夢中になっている時代で、
音楽友達が居ないので雑誌に募集していた同じミュージシャンのファンと文通したり(笑)
頑張って田舎から東京までライブを観に行ったりもしました。
あんなに自発的に夢中になることはそれまでなかった気がします。
そしてあるとき、発売されたアルバムジャケットの絵を見て、あ!と気づきました。
その絵に書かれていたサインがずっとお財布にしまって持ち歩いていたカードのイラストにあるサインと同じだったのです。
それは伊藤圭司さんというイラストレーターの作品でした。
カードにある「どして?」というメッセージが、突然、その時に、ああそうか!となったのです。
わたしはこの時のために、数年間、これを持っていたんだなあと。

ほんとうに、そのカードのように小さな出来事でしたが、
わたしにとっては、とても嬉しい経験でした。

それから上京し、大学に入ってからも、働いているときも、
ずっとそのミュージシャンのことが気になっていたし、好きでした。
高校生の頃のような情熱が無くなっていた頃もありましたが、
もう血や肉になっているくらいその人のことがわたしの核となるような何かを生成してくれていました。

当時はテレビに出演するような有名な人だったけど、
どうしようもなく必要な何かを感じさせてくれる人でした。
同じファンの子は結婚したい!とか言っていたけど、
わたしはその人の作り出す世界がとにかく好きだったし、
歌詞の中に、その人の発信することの中に、何か大きな魅力をただ感じていました。
(もちろん、かっこいいなあとか思ってましたけどね・笑)

それは年齢を重ねても変わることなく、
ずっとわたしの中に大切にある想いでした。

そして、もう長くなるので詳しくは割愛しますが、

そのミュージシャンの方と昨年、
ライブ終わりの楽屋でお会いすることが出来ました。
ご縁が出来たある方が繋げて下さったのでした。

ファンになって、25年くらい。
東京の街角のどこかですれ違ったりして!という妄想はしたことあるけれど、
まさかこんなことになるなんて!

緊張で、わたしはほとんど何も言えなかったけど、
わたしのことを紹介していただき、まっすぐ目を見て、
わたしという人間を認識してもらえました。

今までライブ会場の物販で握手できたり、
友達を介してサインをいただいたり、
昔よりも身近になって嬉しい想いをしていましたが、
それでも長年憧れていた人だったので、それで充分だったのに。

あのとき、「どして?」とわたしの手の中に渡ってきた、
小さなカードがふと浮かびました。

今まで、生きてきて良かった。
理由なんてわからないけれど、ずっと惹かれてきたこと。

いろんな想いがめぐっていました。

中学生だった頃の、あの時の、わたしに、
この瞬間を届けたい!

そう思ったとき、時間も空間も溶けだして一体化したような感じがしました。

きっと、シンクロとは、そういうことだと思うのです。

理由なんてわからない、だけど、気になること、
ただ好きだと思えること、胸がわくわくすること。
それを何があったとしても忘れないこと。
忘れかけてもどこかにずっとあること。

そんな些細なものが、連なった先の何か。

このシンクロには20年以上のこの次元では長い時間がかかったけど、
そのときのわたしには一瞬に思えました。
そしてその一瞬は永遠にわたしの中で輝き続けるでしょう。

これに何の意味があるか?とかは別にどうでもいい。

どして?と問われ続けた先には、
そんな奇跡って思えるようなこともあったのだから、
もうそれだけでいい。

うまく書けませんでしたし、
こういう話、けっこういろいろあるのですが、
伝え方次第では自慢みたいになっちゃうと嫌だなあと思って、
今まであんまり近しい人以外には話してこなかったのですが・・・。

今はほんとうにシンクロはふつうに起きることで、
そこから何を感じるのか?ということも大切になっているので、
こういった経験も含めたお話をしたり、普段のこともシェアしたいなあと思うようになりました。

そんな訳で、今度、こんなお話会やります。
良かったら遊びにきてください。

まさえ&まるの「答えのないお茶会♡」
詳しくはこちらをどうぞ♪
https://www.facebook.com/events/1515051472127091/


ところで、捨てないで取ってあったはずの、
そのカードですが・・・。さっき探したら見つからない!・汗。
という情けないオチで、今日はこの辺で!

お話会までに見つかったら、持っていきます!(笑)








posted by まるちゃん at 02:03| 感じたこと☆ラブ